<   2004年 10月 ( 96 )   > この月の画像一覧

 

熱烈歓迎!!

掲示板への入口はここをクリック!

皆様のお越しをお待ちしています<(_ _)>
[PR]

by oppako | 2004-10-09 03:04 | BBS  

後日談:「取皿の謎」

以前、「イタリア旅行記」で下記のようなことを書いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
14.取皿の謎
で、メンドリシオの駅に戻る。途中、地下道の入り口を見失いうろうろしていると
その前に通りかかった家のおじさんが見かねて追いかけてきてくれて教えてくれる。
スイス人ってばなんてい人達なんだ。
なんとか電車に間に合い、キアッソまで。
キアッソの税関でリタックスの手続きを受ける。
入り口の兵隊さんに「トリザラ?」と言われる。
あ「取皿?」兵「トリザラ」
あ「えっ、もう一回言って。」兵「トリザラ」
あ「今、なんて聞こえた?」ママ「取皿」
あ「・・・・・取皿???」
兵「・・・・・(-_-;)」ふぅっー、と両手傾げる。「スイス・カスタム?」
あ「Yes」
税関に連れて行かれる。
なんかいっぱい言われるがよく分からんのでとりあへずリタックスの紙を見せる。
またべらべらとしゃべっる係員、勝手に納得して「OK、グッバイ」
また兵隊さんに会う。
兵「トリザラ」
あ「取皿????」
兵「ふぅっー、グッバイ」
うーん、なんなんだぁっー!!!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
実はこの旅行記は今から2年前に書いたものなのだが、
書いた当初何人かの友人に送りつけ、その中でメル友のHiroさんが
ずっとこのことを覚えていてくれた。
Hiroさんは仕事の関係でよくイタリアなどにも行かれるのだが、
今回、下記のようなメールを頂いた。
2年ぶりに「取り皿の謎」が明かされる時が来たのだ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて昨日よりイタリアから取引先が弊社に滞在して一緒に仕事をしていますが、
昨晩夕食をとっている時Akoちゃんからの例の宿題、
イタリア→スイス通関時の「取り皿」の件聞いてみました。 (Akoちゃん本人覚えてる???)

最初、「トリザラ」 イタリアーノ「???」
小生「トリザーラ」イタリアーノ「????」
小生「トーリザーラ」イタリアーノ「?????」
どうも単語の連発では「?」マークが増えていくばかり

そこで「入出国の時であること」或いは「通関の時」等々
のシチュエーションを判らないまま説明すると・・・・

答えが判ったのか急に大笑いをして、
That's means TURISARDA
TURISARDA is one of the biggest travel agency at that area
との事でしたよ。 イタリアのJTBみたいなもんできっと
「あんた TURISARDAのお客さん???」 とでも訊かれた
のではないかな??? と言ってました。
ちなみに 発音は 「トリザーダ」との事でした。

答えがでて良かったね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あっースッとした。(笑)

Hiroさん、2年間も覚えていてくれてありがとう。

これで、今度「取皿?」って聞かれてもバッチリだわっ♪

at 2000 11/19 01:14
[PR]

by oppako | 2004-10-08 01:37 | イタリア  

17.後書き

最後になりましたが、事前に色々と情報・アドバイスを下さった皆さん、
本当に有り難うございました。
最近は「地球の歩き方」に名前だけだの2ページだけだのの情報で旅行することが多く(^-^;)、
おかげさまで大変心強い旅行となりました。
この場でお礼を言わせて頂きます。有り難うございました。m(__)m

というわけで、どうも、だらだらとした私のへたくそな作文にお付き合い頂いて
どうも有り難うございました。
機会があれば、写真を見せつつ、熱く語りたいです。
その時はまたお付き合いくださいまし。m(__)m

at 2000 08/11 12:21
[PR]

by oppako | 2004-10-08 01:35 | イタリア  

16.帰国

帰りの飛行機はパーソナルテレビもないのでひたすら爆睡!!
気づいたら途中7時間一度も目を覚ますことなく寝ていました。あー、爽やか。(笑)
私達のおかげで出発が30分遅れたにも関わらず定刻通り関空へ。
やればできるやんAFってことで荷物も無事ターンテーブルに回ってきました。
(帰りはAF同士のトランジットだった。さすがええ加減と誉れ高いAZ(-_-;))

というわけで、有休は無駄にできんとそのまま会社へ直行!!
とっても楽しいイタリア旅行は幕を下ろしたのでありました。
お疲れさま!リターンマッチはいつにしようかな!!(^o^)

Ciao!!
[PR]

by oppako | 2004-10-08 01:34 | イタリア  

15.視界不良

ミラノはって言うか、私の泊まった空港近くのホテルは毎日毎日スゴイ霧でした。
恐いぐらいです。
最終日の「1日ベネチア観光」に出かけたツアーの人々も霧で迷子になったりして、
4時間遅れで帰ってきました。
そして、イタリアを後にするミラノでの空港。
この日もすごい霧でちょっと前でも全然見えず、結局離陸が1時間半遅れとなりました。
ってことで、パリでの乗り継ぎがまたまた残り30分。
ロストバゲージになったところで、帰国なので、
気にせず待たせている飛行機に突っ走ります。
パリに着いたらAFの地上係員が「osaka」の札を掲げているので、
わけが分からないまま裏道のような所から搭乗口へ。
パスポートコントロールもなく、結局「スタンプー」という私達母娘の絶叫もむなしく
空の人となってしまいました。
ミラノ→パリ間では、雪のアルプス、エッフェル塔、
凱旋門などが見ることができてちょっと得した気分。
[PR]

by oppako | 2004-10-08 01:34 | イタリア  

14.取皿の謎

で、メンドリシオの駅に戻る。途中、地下道の入り口を見失いうろうろしていると
その前に通りかかった家のおじさんが見かねて追いかけてきてくれて教えてくれる。
スイス人ってばなんてい人達なんだ。
なんとか電車に間に合い、キアッソまで。
キアッソの税関でリタックスの手続きを受ける。
入り口の兵隊さんに「トリザラ?」と言われる。
あ「取皿?」兵「トリザラ」
あ「えっ、もう一回言って。」兵「トリザラ」
あ「今、なんて聞こえた?」ママ「取皿」
あ「・・・・・取皿???」
兵「・・・・・(-_-;)」ふぅっー、と両手傾げる。「スイス・カスタム?」
あ「Yes」
税関に連れて行かれる。
なんかいっぱい言われるがよく分からんのでとりあへずリタックスの紙を見せる。
またべらべらとしゃべっる係員、勝手に納得して「OK、グッバイ」
また兵隊さんに会う。
兵「トリザラ」
あ「取皿????」
兵「ふぅっー、グッバイ」
うーん、なんなんだぁっー!!!!!!

スイス人は大変親切で、けっこう白馬の王子様系男前が多く、
次のヨーロッパにはぜひスイスに行ってみたくなりました。うひひ・・

ちなみにイタリア人はジャファー(アラジンに出てくる悪者)顔で
シャベリタランティーノ(これってツーカーホン関西のCMだったっけ?
タランティーノがこれでもかというほどしゃべりまくって、
自ら”シャベリタランテイーノ”と名乗るって内容でした)状態でした。
ラテン民族は濃いね。
[PR]

by oppako | 2004-10-08 01:33 | イタリア  

13.フォックスタウン

グッチがなかなか充実のアウトレット・ショッピングセンターとのこと。
その他にもナイキなどもあるようだ。
ただ、買い物欲ゼロ、ブランド興味ゼロの私にとっては、
とりあへずスイスの土を踏んだだけで目標は達成した気分であった。
しかし、これが「お買い物魔王への虜」への第一歩とはこの時は知る由もなかった・・・・
さて、駅から徒歩10分ほどでフォックスタウンに到着。
遠くにはアルプス(?)の山々。新しいショッピングセンターらしくとてもキレイ。
中に入るとガラガラ。客が全然居ない。
フィレンツエの話を聞いていただけにかなりの拍子抜け。
さて、まずはウワサのグッチへ。客はゼロ。
私達と同時にツアーで来たらしきバッチを付けた日本人のおねーちゃんが3人
続いて入ってきた。
なんと、店員に日本人の方(しかも宝塚の人だった)が居るので、心強い。
聞けば冬のバーゲンで、靴はさらに半額セール中。
大足と小足にとっては充実のランイナップであったが、
私のような普通サイズ(23cm)にもそこそこの品揃え。
ここで母2足、私2足のお買い上げ。
母の買ったスゥェードのグッチ定番靴(名前忘れた)で約6500円。
私のショートブーツで9000円、1万円程度だった。激安!!
ミラノでブーツを探すつもりだったが、グッチにてもちろん即決。
調子に乗った私は時計まで買ってしまった。
そして、隣のエスプリでまたまた靴を購入。
スゥェードのすぽっとしたタイプで4500円也。こちらも品揃えはなかなか豊富だった。
その後、ナイキにも行くが、さすがにこれ以上の靴は持てずに涙ながらの断念。
プラダは品数が少なく、ミュウ・ミュウがメインだった。
予定の1時間はとうに過ぎ、結局3時間滞在した。(^-^;)
うーん、買い物ってばなんて楽しいんだ!!
爆裂しましたね。まぁー、他の人と比べると赤子と大人ほどの差がありましたが・・・(^-^;)
私にしては気がふれた状態ですもの。(笑)
[PR]

by oppako | 2004-10-08 01:32 | イタリア  

12.鉄道にてスイスへ

フイレンツェからのグッチ・プラダアウトレットツアーに行った人々の話によると
入場制限付き大混雑バーゲン状態で疲れただけとの意見も。
そして、半日10000円/人のスイスアウトレットツアーも
自力で行けると判断した私達母娘は「まぁー、スイスに行ったっていう実績作りの為に。」
ってことでイタリア国鉄に乗り出発。
時刻表大活躍!!
ガイドブックには「国境駅キアッソよりタクシー」となってるが
ABロードには「キアッソよりバス」となっている。
バス停を聞くために駅のインフォメーションへ。
すると電車で行けるとのこと。しかも発車まであと4分。
インフォメーションのおっちゃんが私を伴い、ダッシュで切符売り場へ。
イタリアリラから素早く切符を買い、到着駅名と時刻をプリントアウトした紙を
持たせてくれプラットホームに。ぎりぎりセーフで発車。
しかぁーし、スイスの国鉄なんて全くの計画外。データは全然無し。ちょっとドキドキ。
頼れるものはおっちゃんのくれた紙だけ。約10分で二駅目のメンドリシオへ。
下車してインフォメーションへ。
親切に地図をくれてフォックスタウンまでの道を教えてくれる。
おまけに帰りのミラノまでの電車の時間も教えてくれる。スイス人ってはいい人ね。(^-^)
よく考えたらイミグレも何も通っていない・・・・(^-^;)
密入国の気分だがよしとしよう。
メンドリシオは郊外の小さな町というカンジ。
澄んだ空気を感じるのはスイスへの先入観か。(笑)
道を渡る時も歩行者優先で車が待ってくれる。
ちょっと気に入ってしまったぞ、スイスってば!!
[PR]

by oppako | 2004-10-08 01:31 | イタリア  

11.ミラノ

フイレンツエのドゥオモとは違う繊細な美しさのミラノのドゥオモにも感動!
朝もはよから並んで「最後の晩餐」も見ました。
がらーんとした部屋にどーん絵だけがある。これも近々修復の為に非公開になるらしいので、
世界遺産を見れてよかったってカンジですね。
ジプシーは少ないながら、なんとなく全体にただよう治安の悪さ。
観光客に対してではなく皆に対して治安が悪いのかなという感じ。
同じツアーの人がスリ未遂に遭遇。
食べ物はどこでも何を食べても塩辛く、ちょっと合わなかった。
(とツアーの人も皆言っていた)
ただ、有名な揚げパンは美味しかった。
ここで晩御飯を食べる為にABロードに載っていたローカルの店への道のりが、トラムあり、
徒歩ありの大アドベンチャー。
あんなイラストの地図なんて役には立ちません。(-_-;) 
ここでタクシーも乗りました。
下りるときにお金を払うまでどんどんメーターは加算されていくのでビックリ!!
そして、ついにどういうわけかイタリア人(と言うか在住に)間違えられた。
うーん、ちょっと嬉しい。(笑)
[PR]

by oppako | 2004-10-08 01:30 | イタリア  

10.ピサ

オプショナルで行ったら4時間9000円/人のピサ観光。
幸いホテルは駅前だったので、自力でピサまで行きました。片道約750円。1時間の道のり。
ついつい駅のキヲスクでイタリア国鉄の時刻表を購入。うーん、てっちゃんのようだ・・・(^-^;)
ちなみにてっちゃんじゃありません!
で、やってきましたピサの町。
駅から斜塔までは徒歩15分程度、宝塚南口から宝塚まで歩くってカンジの雰囲気です。
(川があるからそんな感じがすごくした。)
斜塔はトレビの泉同様、「ありゃま、こんなもんかい。」って印象でしたが、
しっかり傾いてました。
お約束の自分も一緒に傾き写真を撮りました。(^-^;)
斜塔周辺のお土産屋さんが密かにいいもの置いている。
思わず、バッグとマントを買ってしまいました。
ピサも川沿いのこじんまりとしたいい町でした。お気に入り。
[PR]

by oppako | 2004-10-08 01:30 | イタリア