「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:2011年3月日記( 2 )

 

【ご参考】阪神大震災時の経験

この度の関東東北大震災の報に接して心が痛みます。
亡くなられた方には心よりお悔やみ申し上げます。
また被災された方には少しでも被害が小さいことと一日も早い復興を心より祈っています。

私も阪神淡路大震災の被災者として少しでも自分なりに役に立てることがあれば協力したいです。

一昨日から関東方面の友人たちとメールで連絡を取っているのですが、あまりの広範囲の甚大なる被害に衝撃を受けています。今回は地震だけではなく津波の被害が甚大なので本当に大変なことだと思います。
私の友人の中では栃木や茨城の友人たちは未だにライフラインも復旧せず不安で大変な時間を過ごしていると思うと、こちらから何もできないことがもどかしいです。

私なりに阪神大震災の経験で少しでも役に立つことがあればと思いここに書きます。
思いついたことを書いていくのでまとまりがありませんがお許し下さい。
また16年前の経験なので今はインターネットなどもあり今とは違うこともあると思いますがお許し下さい。
あくまでも私個人の経験によるものですので少しでも参考になればと思います。


1.配給や給水情報は最寄の避難所に情報が集まります。
避難していなくても避難所にはマメに行き情報収集をすることをおすすめします。

2.安否確認に行く場合、最寄の避難所にいない場合は数軒回ってみると情報がつかめる場合があります。特に残念ながら亡くなられた場合は遺体安置所の受け入れ数などにより離れた場所に運ばれていることがあります。私も知り合いの遺体確認に同行した際に3軒目で分かりました。

3.給水を受ける際は10リットルのポリタンク1つより2リットルのペットボトル5本の方が便利です。持ち運びにも便利だし使い勝手もいいです。特にマンションなどで上の階に運ぶ際に一度に10リットルは大変ですが2リットルずつなら持ち運べます。

4.無洗米などをうまく利用しすると節水できます。

5.ご飯はおにぎりにすると食べやすく保存できます。またラップでくるんで作ると手が少しぐらい汚れていても洗わなくてもいいし衛生的です。また食器も不要なので節水できます。サランラップはめちゃくちゃ便利です!!!

6.食器を使う際はラップを敷いて使うようにすると洗う必要がないので節水できます。どうしても気になる場合はウェットティッシュで拭くようにしましょう。水は貴重です。

7.その状態だと女性の方は化粧はせずにスッピンにならざるを得ないと思いますが、洗顔にあまり水は使えないので化粧水を多めに使うと気持ちがいいです。

8.女性の方はパンティライナーを使うと下着に清潔感があります。また今後配給などで下着などももらえると思いますが、新しいものでも袋に入っていないものなどもあるので気になる場合はパンティライナーを使うことをおススメします。

9.夜寝る時はパジャマを着て寝るのではなくいつでも外に出れるようにジャージなどを着て寝るといざと言う時にいつでも外に出れます。靴下も履いて寝ることをおススメします。割れたガラスなどが危険です。私は普段靴下を履いて寝ると脱いでしまうのですがさすがにこの時は脱がずに履いていました。頭の中はやはり緊張していたようです。
枕元に靴(ビニール袋に入れておいてOK)と貴重品を入れたかばんを置いておきましょう。特に目の悪い方は眼鏡は忘れずに。

10.夜寝る時は周りにクッションなどを置いて寝るといざと言う時の落下物から守ってくれます。

11.配給や給水など物資関係は可能な限り早く来てくれます。特に給水。
しばらく不安でしょうが信じて待っていてください。周りの人も可能な限り早く被災地を助けたいと思っています。

12.避難する場合は自宅扉・ポストに避難場所を書いていくと郵便等は転送してくれました。

13.今回は阪神大震災の時の経験を踏まえてか被災地への荷物の受付を郵便局も宅配業者も停止していますが実際送っても荷物を捌く人、配達する人も居ないし配達先もないので倉庫で溢れかえることになります。
私も震災時は昔郵便局でアルバイトしていたことがあるのでしばらくの間郵便局に手伝いに行きましたが、局員の方も全員出勤できないし荷物は配達するにも配達先も不明等で局に留め置きとなります。せっかくの善意も無駄になることがあるので荷物を送る際は受取人が受け取れる状況かを確認してから送って下さい。
被災地は当面の物資は意外に配給でまかなえることもあり、また家がない場合は物資を頂いても・・・という場合があります。少し落ち着いてから送って頂くと有難いものも多いので、受取人の方に確認してから送ってあげて下さい。

14.各種宗教団体の救護テントなども大変有難かったです。そこの信者ではなくても炊き出しや配給などいろいろと親切にして頂きました。近所に宗教施設がある場合は救護テントが出ていたり、全国から情報が届いていて掲示板などを設置したりしていてくれたのでそういうものも利用させてもらうことをおススメします。その他芸能団体の炊き出しなども行きました。

15.これは余談ですが・・・
自衛隊からの配給の缶詰はとってもおいしかったです。特に五目ご飯。
アメリカからの救援物資の配給でもらったNASAの缶詰はちょっと大味でした(アメリカの皆さん頂いておきながらこんな感想でごめんなさい。)

16.うちは電気は当日復旧したのですが水は2ヶ月、ガスは3ヶ月かかりました。

17.被災地はほこりがすごいです。それを機にアレルギー体質を引き起こしたりするのでマスクをすることをオススメします。


今、思いつくことを羅列してみました。
少しでも参考になれば嬉しいです。

被災地の皆さんの1日でも早い復興を心よりお祈りします。

まだまだ余震が続いていますがどうぞ気をつけて下さい。

また、わたしがお手伝いできることがあれば連絡頂ければ可能な限りお手伝いしたいと思っています。

皆頑張りましょう!!!!
[PR]

by oppako | 2011-03-14 00:18 | 2011年3月日記  

30周年おめでとう

今夜は佐野元春30周年アニバーサリー・ツアー・ファイナル『ALL FLOWERS IN TIME - 大阪』に行ってきた。

5時からスタートして途中に休憩が10分(笑)、終わったのは8時40分ぐらいだったので3時間半!!
あっと言う間の3時間半だった。

スペシャルゲストが素晴らしくて、この面子を見れただけでも価値ある今日のライブ。
【Special Guest】
伊藤 銀次、片寄明人、スガ シカオ、杉 真理、堂島 孝平、
深沼元昭(PLAGUES)、藤井一彦(THE GROOVERS)、
山口洋(HEATWAVE)、山下 久美子、LOVE PSYCHEDELICO、
NARGO・北原雅彦・GAMO・谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)

どうよ!!この素晴らしい面子!!すごくない??

佐野元春のコンサートに行くのは93年以来実に18年ぶり。
(数年前にEPICSONY25周年記念ライブで観てる。)

わたしがはまっていたのが88年「HEARTLAND」から96年「フルーツ」までなので「最近の曲知らんけど大丈夫かな・・・」と思っていたけど、今日は30周年記念ライブということもあり「この曲なんて曲だっけ?」と思ったのは2曲ぐらいだった。

もちろん「SOMEDAY」なんか大合唱。

3時間半めっちゃ楽しいライブでした。

それにしても30周年ってすごいよなー・・・
わたしが聞きだしてから既に23年(笑)
いやー・・・、30年経っても大阪城Hを満杯にして、3時間半あれだけ歌える55歳。
佐野元春さんすごいです!!

30周年おめでとうございます\( ̄▽ ̄)/
これからも頑張ってほしいです。
またCD買いますから(笑)
[PR]

by oppako | 2011-03-06 23:30 | 2011年3月日記