カテゴリ:2010年4月日記( 2 )

 

遠足

今日は会社のおつかいで奈良&三重まで行ってきた。
世間では「出張」と言うのかもしれないけど、内容が内容なだけに「おつかい」という感じ。

三重の某社工場のシステムの仕事で4ヶ月間現場に行きっぱなしになる人が3人いるので、宿舎として三重にレオ●レスを3軒借りた。
今日は鍵の引渡し日なんだけど、当の本人らは忙しいし、実際の引越しはG.W中なので、わたしが奈良の管理センターまで鍵を取りに行き、三重の宿舎まで行き、布団のレンタルを手配して業者から布団を受け取り搬入、ガス会社の開栓に立会い、電気と水道の開栓の電話をして使えるかどうかを確認という作業の為に出かけた。

管理センターはまだ書類ができていなくてちょっと待たされるし、12時半~14時の約束だったガス会社からは10時頃に「早いけど行ってもいいですか?」と電話がある。いやいや、まだ来ないで下さい。
ガス屋さんが急いでいてもう外で待っていると言うので慌てて奈良から三重に移動し、昼ごはんも食べずにとりあえず宿舎に。
ガスの開栓が終わった頃にちょうど布団の配達。

水道と電気の確認もし、本人らに見せるように宿舎内や近所の写真などを撮ってみる。

一通り終わったので駅前に戻り、出張したことのある営業おススメの駅前の食堂に行く。

本日のランチは「伊賀牛ステーキ丼」
お肉がやわらかくておいしゅうございました。

b0039398_0395351.jpg



帰りの電車ものんびり車中からの眺めを楽しむ。
まるで「世界の車窓から」の気分。

川の上にはためく数十匹の鯉のぼりなど景色が楽しい。

天気もいいし、あたたかいしちょっとした遠足気分♪

とっても楽しいおつかいでした。
また行きたいな~。


事務所に戻ったらたかが半日の不在なのに仕事たまりまくり、半日だけだから特に担当者全員(約200人)には連絡せずに動静表に書くだけで行ったら他部署や出張中の人や東京から「いつもすぐに来るメールの返事がないけど休みか?」などと電話入りまくりだった。。。。(-_-;)
まぁー、わたしも一応必要とされているってことで喜ぶべきですね(笑)
[PR]

by oppako | 2010-04-27 00:32 | 2010年4月日記  

お花

昨日は朝から生け花展&お茶会に行ってきました。

今をさること15年ぐらい前に3年ばかりお花を習っていたことがある。
会社に入り、受付のお花は事務の女の子が生けることになっていて、それまで華道なんてまったくやったことのない私だったけど、会社の華道クラブと茶道クラブなんぞにも入ってお稽古をしている内にちょっとはまって自分でも週に一度習いに行ってた(おかげで前の会社がつぶれるまでの数年間は毎週わたしが花を生けていた(笑))

会社に教えてにきてくれていた先生が某宗教団体(熱海美術館で有名な団体)から生まれた流派の先生でこの先生に紹介してもらった近所の教室はもちろん某宗教団体の施設の中での講座。
おかげで1回の受講料が500円+お花代1000円という安さ。
3年ぐらい習いに行っていたけど、一度たりとも宗教への勧誘がなかったのもとてもよかった。
(宗教に勧誘されたらすぐにやめようと思ってた)
宗教団体に属している人達がメインなので先生をはじめ周りの人も皆とても親切だった。
教室は「土曜日の午前中」というアバウトな時間設定で大体10時~12時ぐらいの間に行けばよかった。
いつもわたしと同じ時間帯になるおじさんが一人居て、奥さんが宗教の方に入っていて御参りに来るのに車で送り迎えをしていて「わし、宗教には興味ないから時間つぶしに来てるねんけどお花もなかなかおもろいなー」って言うようなおじさんで、同じく宗教とは関係のないわたしと世間話をしたり、お互い褒めあったりなどしながら毎週楽しくお花を生けていた。
どんなにへたくそでも先生がなにかいいところを(無理矢理でも)見つけて褒めてくれるのも行っていて気持ちよかったし楽しかった。
それにここの流派の特徴かなんなのか全然堅苦しくなくて「お花をきれいだなと思って楽しく生けましょう」みたいなのがわたしにはちょうどよかった。

で、そんな楽しい教室だったのになぜやめたかと言うと、残念ながら地震で教室(宗教施設)が全壊したのでそこで教室は終了。
本当に残念・・・・

そのあとは我流で勝手に生けていたけど、前の会社がつぶれて今の会社になってからは受付にお花を飾ることもなくまったく生け花などしないようになった。

当時の先生とは年賀状の交換は毎年していて、今週の木曜日に突然手紙がきた。
「突然ですがこの週末の生け花展に出展するので時間があれば来て下さい。」とのことなので行ってみることに。

お茶席なんぞに行くのも久々なので、御点前をするわけではないけど飲み方の練習も朝から空茶碗でママとやってから行く(笑)

15年ぶりにお会いした先生は一瞬わたしのことが分からなかった(笑)
そりゃーそうだよな。太ってるし歳取ってるし。
わたしの方は先生の顔を見たらすぐにわかった。全然変わってらっしゃらない。
そしてお花も一目でわかった。
くせって言うか雰囲気ってあるもんです。
そしてわたしの生け方はやっぱり先生のくせによく似た雰囲気です。

そんなこんなでお茶も頂戴して、先生とも15年ぶりに再会できて行ってよかったです。

で、どうもうちの近所の宗教施設が先日15年ぶりに建ったらしくて、またお花の教室をやっているらしい。
残念ながら平日の昼間らしいのでわたしは行けないけど、平日の夜や土日の午前中とかならまた行ってみたいもんです(と先生に言ったら「その時は連絡しますね。」とのこと。)
阪神間のその流派の華道の先生で一番えらい先生とやらにもご挨拶したんだけど「施設はご存知の通りの宗教団体だから場所代とかかからないし(笑)、月謝とかは安いのでまた来てくださいね。」とのこと。
なんか相変わらず宗教団体のくせに宗教色の薄い雰囲気である。
どっちかって言うと「婦人会の集まりを楽しむおばちゃん達の集団」って感じ。


本当に久々にお花やりたくなったなー(^▽^*
[PR]

by oppako | 2010-04-26 00:22 | 2010年4月日記