「ほっ」と。キャンペーン

病弱と健康

ご無沙汰していました。

実はここ二週間程風邪引いて病弱でした。
先週半ばからはさすがに月末業務で少々忙しかったのですが、先々週など仕事もヒマ。
毎日定時で帰り、5時35分に会社を出て5時50分の梅田からの特急に乗ったら家に着いたら6時15分という「自己記録更新」などしていました。
そんな毎日、就寝時間は「21時」
毎日10時間睡眠で会社も休まずなんとか乗り切りました。

症状的には
1.喉が痛くなる
2.熱が出る
3.咳と鼻が出る
4.しばらく続く

という、今年のG.Wと全く同じ症状。
ようやくG.Wにひいた風邪が治ったかなと思ったらまた繰り返し。

耳鼻科→内科という流れも同じで先生には「まぁー、言うても病み上がりやから、自分が思った以上に体力とか落ちてるからね。」とのこと。

ここ数年、太りだしてから風邪も一年に一度ひくかどうか、しかもすぐに治っていたのに、久々に病弱な感じです。
体重は人生MAXを維持してるのにさ・・・(ぼそっ)

ちなみにうちの会社では私が今回の風邪をひいたのと時を同じくして「百日咳」が流行。
しかも私の担当してる部が発端なので、私もビビってすぐに内科に行ったのですが、私のはどう見ても「ただの風邪」でした。よかったよかった。

でも今、百日咳が世間一般でも流行ってるようですねー。
大人がかかってもたいしたことないけど、その菌を保持して家のお年寄りや子供にうつすと厄介なので気をつけたいものです。
うちのママのお姉さんはママが生まれる前に生後10ヶ月で百日咳で亡くなってるし。

とまぁー、こんな感じで、最近、一見、病弱ぶっている私ですが、昨日は手術した大学病院で術後の検診(内視鏡検査)でした。
手術してちょうど3ヶ月目。早いですなー。
切った外の傷はかなりキレイに治ってきていますが、果たして切った中身はどうか???
それと手術の時に胆管と膵管にステント(管)を留置してるんですが、主治医マジメくんの話によると「ちょこんと置いてあるだけだから、自然に脱落してうんこと一緒に出るから。」ってことでしたが、まだこのステントが残っていたら今回の内視鏡で取っちゃいましょう企画の今回の内視鏡でした。

一昨日の夜ご飯を最後に絶食(飲み物はお茶か水ならいいと言われたがついでに絶飲してた)に突入。
朝もぎりぎりまで寝て病院にGo!
予約時間10分前に行ったけどもちろん待たされて、かなーーーり待ってようやく名前を呼ばれても「10分後ぐらいになりますから、5分ぐらいしたら喉に麻酔しますね。」とのこと。
喉の麻酔も終わり、ベッドに寝かされるも誰も来ない・・・
術前の検査の時はスターな教授自らの内視鏡だけあっていっぱい人が来たのに、切ってしまって元気な私は医者にとってはぜーんぜん興味のない存在なのか誰も来ない(笑)
今日の私の担当の看護師さんはどうも外来の師長さん。優しいおっとりした感じの人で(それでも皆がその人に指示を仰いでた)「ちょっと前の検査が押してるみたいなので待って下さいねー」と様子を見に来てくれ、緊張を和らげようとしてくれてるのかいろいろ話しかけてくれる。優しい~。

でも、そんなこんなしてる内に私の口の中の痺れは取れてきた(笑)
おいおい・・・麻酔切れてきたぞ。

すると1人若い先生が入ってきて「準備しますねー」とのこと。
やっとかい・・・
看護師さんが「外科のマジメくん呼んでる?立ち会われるから連絡してってなってるけど。」とか言い出してる。そうそう、マジメくんちゃんと呼んでよー。
と思っていたら、マジメくんがいいタイミングに登場。さすが!

マジメくんが「ひさしぶり~。最近どぉ?(G.Wの)風邪治った?」と言うので「あかん、また風邪引いた。先週から咳と鼻で絶不調。だいぶん治ったけどまだ少し痰が絡む。」と訴えておく。
マジメくんが「今日カメラ飲んで大丈夫?」と言うがまたの機会はイヤなので「大丈夫。やって。」と。
「あっ、ちゃんと麻酔かけてよ!!寝てるうちに終わらせてよ!!!口の中の痺れてたん待ってる間に取れてもうたよ!!!!!」と訴える。
「OK、OK。ちゃんと麻酔かけるから。」ってことで、消化器内科の先生にお願いしてくれる。
「今日は車で来たり、この後すぐに仕事とかってことはない?」と聞かれたので「一日ヒマだし電車だし寝る!!」と。
「お酒とか酔いやすい?」と聞かれたので「全然酔わない。」と答えたら、最初「3」と言われていた麻酔の量が「4に増やして」となった。
マジメくんも「けっこう麻酔に強いです。」と口ぞえしてくれる。

点滴のライン作って(手下の若い先生めっちゃうまくて全然痛くなかった。)「まずは胃の動き止める薬入れますねー。ちょっと気持ち悪いかもしれませんけど大丈夫ですからねー。」
「おーー、おなかかがぐるぐるするー」とマウスピース加えながらもしゃべる私。
「はい。今から眠くなるお薬入れますからねー。」
今までは入ってる途中でラリってきたのだが昨日は入りきった後も意識あり。
おいおいこのままやるのはイヤやでー・・・・
バッチリ目を開いている私を見て、若い先生が「眠くなってきましたか?」と不安気に聞いた瞬間、きたよきたよーーーーー、この感じだよーーーーーーーー
「ラリってきた~」と言ったところまでは記憶あり(笑)
(後からマジメくんに「いつもちゃんとラリってきた~って言うね(爆)」と笑われた)

今回の夢かうつつかは胃カメラがおなかの中でぐるんぐるんしてなんか気持ち悪くて吐きそうになって皆に押さえつけられるというやつ。
マジメくんに後から聞いたら「そんなことはなかったよ」とのことだったのでちょっと覚醒しかかってたのか夢だったのだろう。
今回は「4」入っているせいかしっかり効いてたみたいで目覚めた時の記憶があやふや。
看護師さんに付き添ってもらって自分で歩いて処置室のリクライニングシートまで行ったのはなんとなく覚えてるけどこのへんちょっとあやふや。

だいぶん覚醒してからマジメくんがやってきて「ステントは2本共抜けててなかったよ。切った後もキレイになってたから大丈夫。中身は健康!!」とのこと。

うーん・・・
毎回うんこの度にステントがまじっていないか見ていたけどわからんかったなー。
まっ、うんこもほぐして見てるわけちゃうし(汚くてすんません)


そんなわけで、術後の経過は絶好調で中身はとっても健康でした\( ̄▽ ̄)/

今度は9月に一度外来があって、その時に12月ぐらいにもう一度内視鏡の予約を入れてみてみましょうってことでした。
まぁーそれで再発もなく絶好調ならあとは1年に1度ペースの人間ドック状態で。


昨日は胃や十二指腸はもちろんのこと、腸の方も見れるところは全部見てくれたらしく、おかげで空気入れて膨らまされてるみたいで膨満感で痛い・・・・
マジメくんに「お腹張って痛い・・・」と訴えたら「おなかに空気入れたからそれで張って痛いかな。げっぷかおならで出したら治るからちょっとここで休憩していって遠慮せずにげっぷとおならしていって。」とのこと。
その後1時間ぐらいうつらうつらと昼寝させてもらい

げふっ。。。

プーーーーーープッ。。。

とげっぷとおならをカーテンで仕切られたリクライニングシート上で繰り返してようやくすっきりしたので看護師さんに「すっとしたから帰りまーす」と言って帰る(笑)

1階で会計を済ませ、隣の大学の学食でメンチカツとご飯と味噌汁とほうれん草のおひたしとヨーグルトとジョアを食べて580円。

おなかいっぱいになったところで院内の美容院に行きお顔剃りエステコースを。
あーすっきり。

健康で病院に来るのはいいなーと、今まではバスに乗ってた駅までの道のりもバスもなかなか来ない感じなので徒歩で駅まで帰ったのでありました。

健康っていいな~。
はよ風邪直そ。
[PR]

by oppako | 2008-06-07 21:58 | 2008年6月日記  

<< 救急病院へ キャンプだホイ! >>